家屋評価のしくみ

家屋の評価は、固定資産評価基準に基づき、次の式により計算します。
評価額 = (1)再建築価格 × (2)経年減点補正
 

再建築価格とは

評価の対象となった家屋と同一のものを、評価の時点において、再びその場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費のことです。
 

経年減点補正とは

経過年数に応じて生じる減価を表したものです。
また、3年ごとに評価替えが行われます。評価替えは前年度の再建築価格に3年間の建築物価変動を反映して算定し、これに経年等による減価を行い、評価額を求めます。このとき、評価額が評価替え前の価格を超える場合は、評価替え前の価格に据え置かれます。
※年数が経ったにも関わらず評価額が下がらないことがあるのは、建築物価の上昇が、経年等の減価を上回り、価格が据え置かれることがあるためです。その他、経年による残価率が低値(0.2)に達した場合も、その時点から評価額が下がることはありません。
 

村民課

【このページに関するお問い合わせ】

西米良村役場 村民課

電話

0983-36-1111(内線39・51)

FAX

0983-36-1207

Mail

sonmin@vill.nishimera.lg.jp