母子家庭等医療費助成制度

母子家庭等医療費助成制度の内容

母子家庭等の医療費の一部を助成することにより、母子家庭等の健康増進と福祉の向上を図ることを目的とした
制度です。

◎対象となる人


西米良村内に住所があり、健康保険に加入している方で、ひとり親家庭の父又は母もしくは、配偶者のいない養
育者と、そのひとり親等に養育される18歳まで(18歳に達した日以降、最初の3月31日)の児童
○児童
1. 父母が婚姻を解消した児童
2. 父又は母が死亡した児童
3. 父又は母が児童扶養手当法施行令に定める障害の状態にある児童
4. 父又は母の生死が明らかでない児童
5. 父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童
6. 父又は母が法令により1年以上拘禁されている児童
7. 母が婚姻によらないで出産した児童
○父又は母
上記1~7の児童を監護するとき
○配偶者のいない養育者
1. 父又は母が監護しない上記1~7の児童を監護するとき
2. 父母が死亡した児童を養育するとき

◎所得限度額について


扶養親族の数 本人の所得
0人192万円未満
1人230万円未満
2人 268万円未満
3人306万円未満
扶養人数が4人以上の場合は、1人につき38万円を加算した額

◎医療費の交付申請


対象と思われる方には、毎年7月に申請案内の書面をお送りします。
1. 請求者及び対象児童の戸籍謄本  (離婚が受給資格要件の場合、離婚日の記載のあるもの)
2. 対象児童が市外に住んでいる時のみ対象児童の住民票
3. 請求者の所得証明書
4. 請求者名義の預金通帳
5. 印鑑
6. 請求者及び対象児童の保険証
7. 個人番号カードまたは、通知カード

◎医療費助成の受け方


入院→宮崎県内の病院に入院する場合は、窓口で受給資格証を提示すれば助成をうけられますが、県外の医
療機関に入院する場合は一度窓口で支払をされてから、福祉健康課で申請をする必要があります。
通院→病院及び調剤薬局の1月を単位とした領収書を福祉健康課の窓口に提出し、申請をする必要があります。
※払い戻し申請は、診療月から1年以内に行ってください。それを過ぎると払い戻しはできません。
※助成の対象となる医療費は、保険適用分のみとなります。

◎助成金額


1ヶ月の保険診療分の負担金合計額

◎助成対象期間


児童→18歳になって最初の3月31まで
父又は母、養育者→末子20歳到達月まで
※父又は母、養育者の対象期間は、末子20歳到達月までとなっていますが、それ以前に児童が就労するなどに
より、扶養を必要としなくなった場合には、父又は母、養育者の受給資格もその時点で喪失となります。
お問い合わせ
西米良村保健センター内 西米良村福祉健康課
電話番号 0983-36-1114

【このページに関するお問い合わせ】

西米良村役場 福祉健康課

電話

0983-36-1114

FAX

0983-36-1540

Mail

fukushi@vill.nishimera.lg.jp