森林伐採について

森林を伐採する場合は、あらかじめ伐採及び伐採後の造林の届出書の提出が必要です。
森林は私たちの生活になくてはならない貴重な財産です。
無秩序な伐採は、森林の機能を損なうだけでなく、様々な災害を引き起こし、私たちの生活に多大な影響を及ぼします。このため、森林を伐採する場合は、伐採をおこなう日の90日から30日前までに役場に届け出ることが義務づけられています。

○届出書の内容

1.提出書類
・伐採及び伐採後の造林の届出書.doc(記載例.doc)
・伐採箇所の位置図 等
2.届出をする人
・森林所有者が自分で伐採する時は森林所有者が提出して下さい。
・伐採業者などが森林所有者から山林の立木を買受または受託する時は連名で提出して下さい。
・1haを超えて森林以外の用途に使用するために伐採する場合には、林地開発の許可申請が必要になります。
※もし、無届け伐採や届出の内容が異なる伐採を行うと、森林法第207条で100万円以下の罰金に処せられます。また、面積の大小にかかわらず届出が必要ですので、詳細につきましては農林振興課でお問い合わせ下さい。

農林振興課

【このページに関するお問い合わせ】

西米良村役場 農林振興課

電話

0983-36-1111(内線32・35)

FAX

0983-36-1207

Mail

sanken@vill.nishimera.lg.jp